独立公認会計士の足跡 投資に絶対はありません…。
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投資に絶対はありません…。

こんばんは。

最近、為替ネタが多いのですが、今日も投資について書いてみたいと思います。

私が初めて投資を始めたのは、20代後半の国内株式でした。
見事にITバブルにやられ、今でも、数種類の株式を保有しています。
そう考えると、もう10年以上経ちますから、そろそろ、売った方が良いのかな?とも思いますが、今、久々に時価を確認してみたら、全て合わせて、取得価額の30%しかありません…。
アベノミクスで株価が上がった時は、もう少し戻ったのですが、駄目ですね。

その後、日経平均先物、FX、不動産、ファンド、外国株式。と続いています。
日経平均先物やFXに関しては、情報配信サービスを利用し、ファンドと外国株式に関しては人を信じてやられました。
もちろん、全て、自分自身の責任ですが、人を信じてやられると、結構、凹みますね。
ただ、それはそれで、今のうちから良い経験ができたな。と思って、今後の糧にするつもりです。

現状、私が力を入れているのは、FXだけなのですが、年明け、とある投資話を聞く機会がありました。
あまり、このような話を聞きに行くことはないのですが、その話をされる方のメルマガがしっかりしていたので、どんな人なのかな?とも思いまして…。
で、話を聞いてみると、なかなか面白そうな話だな。と思いました。

ただ、数日、考えて、止めておきました。
理由はいくつかあるのですが、一番大きいのは、自分で意思決定できない。という事です。
まあ、これはこの案件に関わらず、多くの人が出資をするのであれば、当たり前な話しなのですが、経験上、もうそのような投資は止めようかな?と。

あとは、今回の話、ネットワークビジネスの性質が入っていた事です。
別に、私自身、ネットワークビジネスに対して、うがった見方はしていません。
実際問題、私に適性があればやってみるのも良いとは思っています。
ですが、現状、ネットワークビジネスに手を出す事は考えていません。
そうなりますと、あまりうまみがないかな?と。
逆に、このメルマガを書いている方は、集客できればできる程、懐があたたまるので、まあ、それだけ力を入れてやっているんだろうな。と思ってしまいました。

極めつけは、この案件は詐欺ではありません。と断言していたところです。
まあ、その方が紹介しているわけですから、当たり前と言えば当たり前ですが、断言はしない方が良いな。と思います。
ちなみに、その理由も書いてありましたが、公認会計士の立場からすると、そんな理由だけで詐欺ではない。とは言えないでしょ。という感じです。

そんな感じでして、今回の投資案件は見送りました。
ただ、内容自体は、まあ、的を得ていますので、上手く行けば、投資リターンもボチボチ良いのではないでしょうか?

最近、不動産もどうなのよ?と思い出してきまして、次は何の投資をやれば良いのやら…。と思ったりしています。
そう考えると、自分に投資が一番良いような気もしてきています。
まあ、その前に、そもそも、自己資金を貯めない事には始まらないのですが…。汗。

ああ、それと、結構、金融商品取引法を無視してやっている人がいるんだな。という事を、最近、良く思います。
だからと言って、その商品が悪いという訳ではありませんが、その方達はしっかりリスクを考えてやっているのかな?と、若干、心配になったりしますね。

人気ブログランキングへ
↑ クリック、お願いします!
関連記事

テーマ : 投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

石原修

Author:石原修
公認会計士・税理士。
1972年、東京都生まれ。
中央大学理工学部管理工学科卒。

石原経営会計事務所の所長です。
財務・税務・会計に関するご相談を承っています。
また、投資・海外・ゴルフに興味のある方との繋がりも大切にしたいと思っていますので、よろしくお願いします!

著書
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。