独立公認会計士の足跡 新宿区の中小企業向け制度融資を受けるべく面談に行ってきました
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新宿区の中小企業向け制度融資を受けるべく面談に行ってきました

今日の気づき:貸付限度額は保証協会分のみカウントされる

新宿区の中小企業向け融資を受けるべく面談に行ってきました。
と言っても、借りるのは私ではなくお客さまです。
このお客さま、本店を移転したのですが、以前、他の区でも同様の制度融資を利用した事があります。
ですので、プロセスは理解されていたのですが、せっかくなので…。という事で同行した次第です。

提出資料を一通り揃えて、面談の予約を事前に行い、当日、面談を受けるというプロセスです。
行ってみますと、面談ブースが4つ程ありまして、中小企業診断士の方が対応されました。
おそらく、嘱託なのだと思いますが…。

時間にして、大体30分程度かと思いますが、提出資料のチェック作業が一番のメインだったような気がします。
今回、私自身、資料のチェックを行わなかったのですが、年度を間違えた住民税の納税証明書を持って行ってしまいました。
この時期ですと、まだ、平成23年度分ので良いそうです。
パンフレットを見ますと、確かにそのように書かれていますが、結構間違えやすいと思いますので、注意が必要です。

また、担当の方がおっしゃっていましたが、会社の登記簿謄本を取る時に、全部事項ではなく、現在事項を取ってくる人がいるようでして、こちらも注意が必要との事です。
ちなみに、ここで資料が足りなかったとしても、後日、持参すれば全く問題ありません。
ただ、直接持っていかなければいけないので、二度手間になってしまいますね。

その後、簡単なヒアリングでしたが、借入の数値根拠に関しては一切聞かれませんでした。
この点、私的には意外だったのですが、この段階ではそれ程重要ではないのだろうな。と思いました。
と言いますのは、この後、保証協会の面談があるからです。
そこで、色々聞かれるのだろうな~。と。

という事でして、正直なところ、私が同伴する必要性は全くなく、事前に借入金額の根拠を作って行ったのですが、それも不用でした。
とは言え、上述通り、この後の面談で、間違いなく必要になってくると思うので、それはそれで良いのですが…。

ちなみに、担当者の方がおっしゃるには、一度、保証協会を利用した場合、次回以降の面談は行われず、電話で済まされる。との事でした。
ですが、このお客さまは本店を移転していましたので、どうなるか、ちょっと分からないな~。とも。

このご時世、実際借りられるかどうか分かりませんが、少なくても、ここまでのプロセスに関しては、誰でもできると思いますので、借入を行いたい方は、申し込んでみると良いと思います。
ただし、自社の業務内容や売上推移等、提出資料から派生するような質問には、最低限、答えられるようにしておく必要がありますね。


人気ブログランキングへ
↑ クリック、お願いします!

--------------------

私が所属している有限責任事業組合スリーアローズで「理想の起業教室」というFacebookページを運営しています。
起業される方に対して、会計・人事労務・税務・法務の観点から、原則週に1度情報をUPしています。
起業後でも十分役立つ内容が満載ですし、Facebookをご利用されていない方でも見る事ができます。
ぜひ、一度、ご覧になってみて下さい。

最新記事は会計編の「決算時におけるたな卸し資産の確認方法①」です!

--------------------
関連記事

テーマ : 会計・監査/公認会計士
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石原修

Author:石原修
公認会計士・税理士。
1972年、東京都生まれ。
中央大学理工学部管理工学科卒。

石原経営会計事務所の所長です。
財務・税務・会計に関するご相談を承っています。
また、投資・海外・ゴルフに興味のある方との繋がりも大切にしたいと思っていますので、よろしくお願いします!

著書
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。