独立公認会計士の足跡 午堂登紀雄さんから、「日本脱出 この国はあなたの資産を守ってくれない」という書籍を献本頂きました
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午堂登紀雄さんから、「日本脱出 この国はあなたの資産を守ってくれない」という書籍を献本頂きました

今日の気づき:これからの将来、自分で考えて行動する事が大切

帰宅してみたら、少々小さめの封筒が届いていました。
大きさからして、書籍かな?と思ったのですが、空けてみると、正にその通りで「日本脱出 この国はあなたの資産を守ってくれない」という書籍が入っていました。
送り主は、午堂登紀雄さんです。

午堂さんと初めてお会いしたのは、2007年だったと思います。
著書の「33歳で資産3億円を作った私の方法」を読んで、セミナーを受けに行きました。
大学が同じ、年齢もほぼ同じ、コンサルティング会社出身で、会計士の資格を持たれている。という共通事項が多いな~。と思いました。
その後、午堂さんの会社のコンサルティングを受けて、投資不動産を購入しました。

そう考えると、午堂さんと最初にお会いしたのは、まだたったの5年前という事ですね。
この間、午堂さんのセミナーにも参加させて頂きましたし、たまたま共通の知人がいたりしまして、Facebookでも交流させて頂いています。
一方、書籍に関しては、拝読していなかったのですが、気が付けば、すごい冊数を執筆していますね。
良く、これだけネタが尽きずに書けるな~。と思います。
一重に、勉強熱心というか、常に情報を仕入れようとするスタイルができているのでしょうね。

最近、私自身、忙しさに感けて、読書をしていません…。汗。
また、読書をした場合、Blogアップではなく、ブクログアップにするのですが、今回は、献本頂きましたので、しっかりBlogに書きたいと思います。(笑)

送って頂いた当日、2時間程度かけて読み終えたのですが、素直な感想としましては、タイトルとは少々異なるかな?という感じです。
この辺が、午堂さんの上手さだと思うのですが、タイトル程、激しい内容は書いていません。
ですが、非常に共感を得るような内容ばかり書かれていまして、「そうそう」と頷きながら、読み進めて行く事ができました。

私の中では、午堂さんは、とてもリアリストな方だと思っています。
(違っていたらすみません…。)
それは、少なからず経営コンサルタントという職業をされていた事も影響するかと思います。
事実、私も同様の職業に付いていた時に、まず、事実を把握するという事を大切にするように言われました。
ちなみに、会計監査も同様でして、公認会計士の場合は職業的懐疑心という言葉を用います。
人が話した事を、全て鵜呑みにしてはいけない。
必ず、何らかの証拠を掴む事が必要。ということです。
非常に嫌な人種ですよね…。(笑)

今回の書籍で午堂さんが言いたかった事の1つは、これかな?と思いました。
これからの時代を生き抜いていくためには、1人1人が、自分の考えをしっかり持って、行動する事が大切なのでは?と。
今までのように、右肩上がりの時代なら、周囲に合わせていても良い生活を送れましたが、これからはまず無理です。

また、午堂さんが時折、記載されていた、「上がりの人達と我々は違う」という考えも重要だと思います。
世代間格差という言葉なのかもしれませんが、私も常日頃、同じ事を考えています。
上がりの人達と同じ考えをしていたら、間違いなく、下降線です。
ですので、彼らと同じ考えや行動をしてはいけないと思います。

他には、午堂さんが日頃行っている、投資(生活)のテクニックが記載されています。
お金を稼いだり、節約するノウハウが書かれていますので、午堂さんのテクニックをご存じない方にとっては、役に立つと思います。
書籍の後半は、少々、午堂さんらしくないかな~。とも思ったりしましたが…。(笑)

という感じの感想ですが、途中、飽きもせずに、あっという間に読み終える事ができました。
この辺が、上手いところなのでしょうね。
しかも、すぐにでも実践できる内容も記載されているという事ですから、非常に良い書籍だと思います。
(過激な書籍を期待していた人達からすると、少々、肩すかしかもしれませんが…。)

ということで、午堂さん、献本ありがとうございました。
私も午堂さんに献本できるように頑張ります!

人気ブログランキングへ
↑ クリック、お願いします!

理想の起業教室」というFacebookページを運営しています。
起業される方に対して、会計・人事労務・税務・法務の観点から、原則週に1度情報をUPしています。

最新記事は人事労務編の「事業場外労働のみなし労働時間制」です!

起業後でも十分役立つ内容が満載ですし、Facebookをご利用されていない方でも見る事ができますので、ぜひ一度、ご覧になってみて下さい。
関連記事

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石原修

Author:石原修
公認会計士・税理士。
1972年、東京都生まれ。
中央大学理工学部管理工学科卒。

石原経営会計事務所の所長です。
財務・税務・会計に関するご相談を承っています。
また、投資・海外・ゴルフに興味のある方との繋がりも大切にしたいと思っていますので、よろしくお願いします!

著書
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。