独立公認会計士の足跡 個人の白色申告者は平成26年以降要注意です!
FC2ブログ

個人の白色申告者は平成26年以降要注意です!

今日の気づき:個人事業主に対して、青色申告を勧めてきたが、益々勧めた方が良い状況になってきた

久々に税金ネタを書いてみます。
ちなみに、今年はどこかのタイミングで皆さんに役立つ税金ネタはこのブログから引き離そうと思っています。
それが、アメブロになるのか、HPになるのかについては検討中ですが…。
ですので、このBlogは本当に私の趣味みたいなBlogになってしまいますね。
まあそれでも、書き続けてみようと思っています。(笑)

さて、早速ですが、個人事業主で白色申告をしている方にはBadニュースです!
平成26年1月以降、記帳義務・記録保存義務が課せられることになりました。

元々、私は個人事業主の方にも青色申告を勧めています。
それは、65万円の控除が取れるという事もありますが、推計課税が行われる可能性があるためです。
大方、白色申告の方は、記帳も証憑(領収証や請求書)の保存も行っていないため、実際に税務調査に入られた場合、所得の妥当性を立証することができません。
その場合、税務署が業界標準的な値(割合)をもって、所得を推定してしまうという内容です。
もちろん、一般的に妥当な範囲であれば、このような事はないと思いますが、可能性としてはあるという話です。

ちなみに、白色申告でも、記帳義務・記録保存義務があることをご存知でしょうか?
それは、前々年分もしくは前年分の所得の金額が300万円を超える場合です。
ですので、白色申告だから、何もしなくてOK!というわけではないのです。
この辺を理解されていない方が多いように思えます。

さて、今回の改正は、この300万円という金額が無くなりました。
すなわち、繰り返しになりますが、白色申告であっても、記帳義務・記録保存義務が課せられるというわけです。
尚、詳細は、こちらに記載されています。

個人で事業を行っている方の帳簿の記載・記録の保存について

こうなりますと、私的には益々青色申告をお勧めします。
どうせやるなら、65万円の控除を取った方が良いですし、欠損も3年間繰り越せますので。
青色申告要件の複式簿記と言いましても、今時、会計ソフトが1万円程度で買えますし、取引種類もそれ程が多くないと思いますので、対応は十分可能です。
(もちろん、会計ソフトも損金に落とせますので、実際の負担は7,000円程度でしょうか?)

正直、個人事業主で従業員を雇っていない方であれば、ご自身で記帳申告されることもお勧めします。
税理士費用を支払うのは正直もったいないかな?と。
もちろん、税理士さんに頼んだ方が楽ですが、私的には少々苦労しても、自分の事業の数値が分かりますし、出費も抑えられるので一石二鳥だと思うのです。
ちなみに、自分の事業の数値が分かれば、資金繰りも分かりますし、金融機関の交渉もできますしね。
いずれ、私の方で、個人事業主さん向きに、この辺の教材を製作してみたいと思っています!
(今年は間に合わないので来年かな…。汗。)

人気ブログランキングへ
↑ クリック、お願いします!
関連記事

テーマ : 会計・税務 / 税理士
ジャンル : ビジネス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石原修

Author:石原修
公認会計士・税理士。
1972年、東京都生まれ。
中央大学理工学部管理工学科卒。

石原経営会計事務所の所長です。
財務・税務・会計に関するご相談を承っています。
また、投資・海外・ゴルフに興味のある方との繋がりも大切にしたいと思っていますので、よろしくお願いします!

著書
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: