独立公認会計士の足跡 更新料有効の最高裁判決について
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

更新料有効の最高裁判決について

賃貸住宅の更新料の最高裁判決が有効とされました。
世の中の大家さんと不動産業者さんは、良い結果が出たという感じでしょうね。
私自身は更新料を頂くと同時に支払う立場にありますが、良い結果が出たという立場です。

そもそも、更新料は1ヶ月程度の家賃ですから、払えない金額ではないかと思います。
そのことに対して、入居の際に契約を交わしてしまっているのですから、それを過去に遡って無効というのはおかしいと思います。
これが例えば、金額的に多額であったり、契約書に記載していない場合であれば別ですが…。

また、もし、更新料が無効ということであれば、貸主の中には、その分、家賃に上乗せする人もでてくるのでは?ないかと思います。
そうなりますと、結局、借主としては同じ金額を支払うことになりますので、個人的にはあまり重要な判決ではないと思っていますが、関係者の方々は興味津津だったようですね。
確かに、遡及するとなると、かなりの痛手になりますから…。

ちなみに、私はシミュレーションを考えるとき、更新料は一切考慮していません。
頂ければラッキーという感じです。
どちらかというと、不動産業者さんの方が更新料目当てにしているように思えます。
実際、契約書の巻き直しをするのであれば、更新料という名目でも良いですが、自動継続の場合、何に対する支払いなのか?、良く分かりませんけどね。
不動産業界は、正直分からない部分が結構あります。

話は違いますが、今日、私の物件の管理会社に行って、空き室対策について話をしてきました。
なかなか1室が埋まらないので、そろそろ本腰を入れないとまずいかな?と思っています。
今のところ考えているのは、家賃設定はそのままにして、客付け業者に広告宣伝費として、若干乗せようかな?と。
ただ、自分の持ち出しが増えるのは痛いので、管理会社の広告宣伝費を減らして、客付け業者に回そうかな?と思っています。
あとは、管理会社との交渉になりますが、広告宣伝費は実際に客を引っ張ってきてくれた業者に支払いたいですからね。
報酬についても、できる限り、実績主義にしていきたいと思っています。

専任媒介で、他者が客付けをした場合、広告宣伝費を取るってのは一般的なのでしょうか?
私的にはあり得ないと思うのですけれど…。

人気ブログランキングへ
↑ クリック、お願いします!
関連記事

テーマ : 不動産投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

石原修

Author:石原修
公認会計士・税理士。
1972年、東京都生まれ。
中央大学理工学部管理工学科卒。

石原経営会計事務所の所長です。
財務・税務・会計に関するご相談を承っています。
また、投資・海外・ゴルフに興味のある方との繋がりも大切にしたいと思っていますので、よろしくお願いします!

著書
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。