独立公認会計士の足跡 2012年02月
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独立して確定申告の仕事を行うようになりましたが…。

今日の気づき:確定申告の準備は年内に少しずつ行うべき

現在、確定申告対応中です。
独立する前の確定申告は、せいぜい、自分及び家族の分しか行っていませんでした。
また、昨年は独立直後ということもあり、この時期、確定申告に追われている感はありませんでした。
(私自身の確定申告は、毎年、3月15日直前まで慌ただしく行っていますが…。汗。)

ところが、今年は様子が違いまして…。
複数人からの依頼がありまして、現在、その対応に追われています。汗。
会社員の確定申告は医療費控除、もしくは不動産投資を行っているのであれば、せいぜい、不動産所得の計算なので、それ程、苦労することはありません。
(もちろん、あり得ない数の物件を所有している方に関しては、かなり大変ですが…。)
ですが、これが、個人事業主になりますと、全く持って話が異なってきます。

まず、法人であろうと個人事業主であろうと、1年間の決算書を作成しなければいけません。
この点においては、個人事業主だからと言って、簡単な訳ではなくむしろ時間がかがってしまったりします。
と言いますのは、個人事業主の方は、一般的に法人を経営されている方に比べると、証拠書類の保管が甘かったりするからです。
また、得てして、1年間の営業活動が終わってから、まとめてド~ンと送ってきたりするわけです。
そのため、年明けから作業を始めますと、2月あたりから一気に業務量が増えてしまうのです。

私のお客様は、証拠書類の保管に関しては、皆さん良くご対応して頂いていますので、こちらに関しては、基本的に現状維持で問題なさそうです。
一方、証拠書類を集めるタイミング、もっと言いますと、記帳を行うタイミング、こちらに関しては、決して侮っていたわけではありませんが、なかなか持って苦労しています…。汗。
やはり、個人事業主であったとしても、定期的に証拠書類を回収して記帳をしておくべきだな~。と思いました。
というか、今年から絶対そうします。

また、法人の税務申告書は、分かりづらく作られていまして、おそらく、簿記がそこそこ分かったとしても一般の方はおいそれと作れないと思います。
あえて分かりづらくしているのが国策なのかわかりませんが、個人的には、もっと分かりやすくすれば良いのにな~。と思っています。
そして、その作業のアウトソーシング先が我々税理士です。
ただ、一度覚えてしまえば、かなりの範囲で使い回せる知識を得る事ができます。

一方、個人の確定申告書は、基本的には転記していれば作成できますので、法人の税務申告書に比べると遥かに優しいです。
ただし、法人には無い概念があります。
その1つが所得区分でして、法人ですと、全ての取引に係る収益・費用は法人という1つの器の中で計算します。
ところが、個人は、その取引によって所得区分が異なるのです。
例えば、不動産を貸付た場合は不動産所得になりますが、不動産を売却した場合は譲渡所得になるという具合です。
この辺も慣れてきますと、それぞれの所得区分や計算方法がすぐに分かるのですが、初めての所得にぶつかりますと、これまた頭を悩ませることになります。
今回は、この点で若干時間を取られたりしていまして、こちらも慌ただしくしている理由の1つです。
とは言え、こちらも一度押さえてしまえば、次からはスムーズに行えますので、自分の知識が増えて行っていると考えると、それはそれで良いのですけどね。
(とは言え、やはり業務が集中するのは非常に良くない。と思っています…。)

ということでして、これから3月15日に掛けて、確定申告の対応に追われている税理士さんは、非常に忙しい時期に
突入して行きます。
こんな時期にインフルエンザにでもかかったら、本当に最悪だと思います…。
逆に、3月15日が終わると、すっきりした顔ではっちゃける税理士さんが多いと思いますので、その時はお付き合いしてあげてくださいね。(笑)

人気ブログランキングへ
↑ クリック、お願いします!
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 会計・税務 / 税理士
ジャンル : ビジネス

インドネシアに在住されている方と共同プロジェクトを開始しました

今日の気づき:SNSの出会いから仕事が始まる事もある

昨日の記事で、バリ島の事を書きましたが、Facebook上で様々なコメントを頂きありがとうございました。
予想通り、バリ島に行かれている方は多いみたいですね。
今から行くのが楽しみです!

さて、タイミング良く、インドネシアに在住されている方と共同プロジェクトを開始する事が決定しました。
元々、こちらの方とは、昨年末以来、メールでやり取りをさせて頂いておりまして、緩やかな感じで話が進んでいたのですが、ここに来て、先方の状況が変わりまして、正式に開始することになりました。
ちなみに、こちらの方とは、Facebook上でお知り合いになりまして、スカイプで1度話したことがあるものの、まだ1度もお会いしてはいません。
本来、ビジネス的にはお会いしてから…。というのがセオリーかと思いますが、今回はスピード重視&業務の性質を考えて問題ないと判断しての開始です。

詳しい業務内容の記載は避けますが、現在の私の業務から大きく外れているわけではありません。
また、その方と私だけで行う訳ではなく、もう1人の方との3者間ビジネスになります。
そして、そのもう1人の方の担う役割が本件の中で、重要な位置づけを占めていまして、ある意味、そのもう1人の方次第で、本件の成功の可否が決まると言っても過言ではありません。

このような感じで、今回、ご縁で海外在住の方とビジネスの機会を得たわけですが、私的には、非常に良い機会を与えて頂いたな。と思っています。
と言いますのは、今まで経験した事のないプロセスで本件を進めて行く必要があるからです。

・初動段階でそれぞれの役割や契約条件が大まかには決まっているが、きっちりと決まっていない事。
・二国間に分かれて、それぞれの作業を行わなければならない事。
・三者間での共同プロジェクトである事。

どれをとっても、おいそれとプロジェクトを簡単に成功させられる内容ではないのですが、何とか成功に導きたいと思っています。
特に、今回、スピード感を大切にしたいのですが、日本国側のプロジェクト管理は私が行いますので、ある意味責任重大です。
現状、思っているのは、やはりビジネスを行うにあたっては、初動段階が最もパワーを使うな。というところです。
まだまだ私は具体的に何かを行っているというわけではありませんが、それでも、初動する難しさはすでに感じました。
こういう時は、集団をまとめて引っ張って行く人の存在と、それぞれのメンバーの積極的行動が重要かな?と…。

というような感じで、昨年末以来、やり取りをさせて頂いている中でも、自分の中でも色々な気づきがあります。
このプロジェクトを成功させた暁には、そのノウハウをまとめて、応用できる形にまとめていきたいですね。
ぜひ、成功させられうるよう頑張ります!

人気ブログランキングへ
↑ クリック、お願いします!
関連記事

テーマ : ビジネス
ジャンル : ビジネス

少々先ですが、インドネシアのバリ島に行く事にしました

今日の気づき:成熟国は暮らしやすいかもしれないが、よりチャンスがあるのは成長国。

先日の記事に書いた通り、エアアジアを利用してクアラルンプールに行く事を決めましたが、同時に、バリ島に行く事に決めました。
海外旅行に行く時は、リゾート半分、将来暮らせそうなところ半分な感じで予定を組むようにしています。
ですので、今回の計画はなかなか良いかな~。と自画自賛しています。(笑)
6月中旬の話ですが、最近、何かと忙しいので少々ゆっくりしたいな~。と思いつつ、すでに宿泊場所も決定し、今から楽しみにしています。

おそらく、インドネシアに初めて行かれる方は、まず、バリ島から行くのでは?とも思ったりしていますが、私の場合は、昨年のジャカルタのジャワ島が最初でした。
そもそも、バリ島がインドネシアであるという事すら知らなかったのですが…。汗。
というより、インドネシアが日本からどれ位離れているのか?とか、どれ位の人口がいるのか?とか、どれ位の国土があるのか?というような事に興味すら持っていませんでした。

ところが、実際に訪れてみると、色々気になってくるのですよね。
特に、前回の旅行は、観光旅行と言うよりも視察旅行でしたし、一緒に同行した人達も、ビジネスや投資目線であれこれ観察していまして、私的にはそれが非常に新鮮でした。
おそらく、観光旅行で行っていたら、ここまでインドネシアのデータに興味を持っていなかったと思っています。

私の場合、東南アジアは、まだ、タイ・フィリピン・インドネシアにしか行ったことがありませんが、何となく、自分的に合っていそうな国はインドネシアのような気がしています。
と言いますのは、海外不動産投資を行っている人達はフィリピンを押していますが、タイやフィリピンよりもインドネシアの方が、まだまだ発展の余地が大きく残されているような気がしているからです。
(もちろん、タイやフィリピンも更なる発展をしていくと思いますが…。)

日本はすでに成熟国家(下手すれば衰退国家)でして、税金や社会保険の負担等々を抜きに考えると、それはそれで住みやすさにおいては、非常に良いと思っています。
ですが、ワクワク感と言いますか、チャレンジ心を煽ると言いますか、そのような環境ではないような気がしています。
私が得意としている事は、全般的に、すでにあるものをより良くしていくことなのですが、何もないところから何かを作り出すという事も、そろそろ経験してみたいと思っていまして、そのためには、環境も必要かな?と思っている次第です。
だとすれば、成熟期に入っているところよりも、成長期のところの方がやりやすい。かな?と。

と言うように考えていますが、要は、やらなければ何事も進まない。でして、あれこれ考えているより、とにかく動く必要がある。ということだと思います。
もちろん、動く前には、良く良く考える必要もあるかと思いますが、独立して思ったのは動きながら何かに気が付いて、そこから先に進める。ということも多々ありますので、両者のバランスが必要かな?と。
特に、成長前期や成長期にすら至っていない場合は、試行錯誤というあがきが重要な気がしています。

途中から、甚だしく脱線してしまいましたが…。汗。
バリ島に行くのも楽しみなのですが、個人的にインドネシアという国に非常に魅力を感じていまして、今後、ビジネスとしても追って行こうと思っています!

人気ブログランキングへ
↑ クリック、お願いします!
関連記事

テーマ : 海外旅行
ジャンル : 旅行

デサントのファミリセールに行ってきました!

今日の気づき:ファミリーセールに行く場合、閉店間近もなかなかの狙い目。

先週の金曜日(24日)にデサントのファミリーセールに行ってきました。
私が最近行くファミリーセールは、オンワードとデサントですが、オンワードと異なり、デサントに関してはゴルフ関係のものを購入しに行っています。
前回の記事を見なおしてみますと、10月の後半に行ったみたいですね。
あれから、4ヶ月も過ぎているのですが、時間の経つのは早いな~。と感じます。

今回のファミリーセールは、金・土・日の3日間で行われました。
毎回、休日に行くのですが、今回はたまたま時間が空いていたので、金曜日の早めの時間に行ってみたのですが…。
長蛇の列ですぐに入る事ができませんでした…。
仕方がないので、ハンバーガーを食べて、時間つぶしです。

Zest premium burger

ちなみに、デサントのファミリーセールは毎回後楽園で行われます。
こちらは、ラクーアにある Zest Premium Burger さんのアボカドチーズバーガーです。
バンズはやや硬め、味は美味しかったのですが、少々小さくてお腹が空いてしまいました…。
(ちなみに、1人で2人前を食べたわけではありません…。(笑))

ラクーアにあると言いましても、ビル内にあるわけではなく、このような飲食店が集まっている場所がありまして、天気が良ければ外で食べれるような感じになっています。
ですので、色々なお店のものを買って食べれる感じです。
まあ言ってみれば、小さめのフードコートって感じですね。
ちなみに、この時期は、屋外でも暖房器具が用意されていて、暖かい環境が用意されていました。

せっかく後楽園に来たので、ジェットコースターに乗ってみようかな?と思ったのですが、いつぞやの事故の影響なのか、運転しておらず、非常に残念でした…。
時間が時間なだけに、他の乗り物もあまり動いていなかったのですが、メリーゴーランドはきっちり動いていました。

メリーゴーランド

1時間程度して会場に戻ったら、さすがに入る事ができました。
やはり、初日の開場後は混むみたいですね。
かと言って、時間をずらしても、混んでいる事には変わりはありませんでした…。
金曜の夕方にも関わらず、会社帰りの方もちらほら見受けられましたし、特に女性が多かったですね。

そんな中、私はお目当てのシャカシャカトレーニングウェアをゲット!
特にデサントのものは、上下で5,000円と破格の値段でした。
しかも、このトレーニングウェア、何度か見て回った時には置いてなかったものが、閉店間近に見に行ったら、いくつも置いてありまして…。
きっと、とりあえず取っていったけれど買わない方が元に戻してきたのでしょうね。
ファミリーセールは開店直後に行くのが一番良いとは思いますが、買うものがある程度決まっているのであれば、閉店間近も良いのかな?なんて思いました。
と、ファミリーセールに何度か行くうちに、買い方を徐々に覚えてきたな~。と感じた1日でした。

人気ブログランキングへ
↑ クリック、お願いします!
関連記事

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

電子納税の2つの方法について…。

今日の気づき:電子申告を行ったら電子納税も行うべきである

12月決算の税務申告がようやく全て終わりました。
通常、法人の場合、決算期から2ヶ月以内に申告を行わなければいけません。
以前の勤務先ですと延長届を提出する事により、3ヶ月以内の申告にしていましたが、結局後伸ばしにするだけなので、株主総会が2ヶ月以内に行われるのであればあまり意味はないと思います。
(と書きつつ、私も保険のため、基本的に延長届を提出していますが…。汗。)

独立してから、申告は全て電子申告にしようと思っていました。
何故ならば、同じ情報を提出するのにわざわざ紙に印刷する必要がないからです。
また、実際に提出したり郵送したりする手間も数が増えると影響度が大きくなってきます。
更に、紙で提出しますと、通常、控えを取っておくのですが、その保管スペースもどんどん増やさなければいけません。
というような理由から、電子申告にしていますが、どうやらこれは正解のようです。

そんな中、今回思ったのは、電子申告を行いますと、納税も電子がいいな。ということです。
通常、納税に関しては、納付書をお客様に渡して、納付して頂きます。
金額が多くなければ、私の方で立替納付を行っても良いとは思いますが、出納業務の受託をしていない限り、お客様のお金を取り扱うのは少々戸惑うものです。
ですので、やはり納税に関しては下準備はこちらで行い、納付自体はお客様。という構図が良いような気がしています。

ということで、電子納税ですが、大きく分けて2種類あります。
[ダイレクト納付」と「インターネットバンキング等による納付」です。
私は常に業務効率化を考える人間でして、定型的な業務はできる限り楽できるように業務を設計します。
そのような観点から考えますと、今回は、「ダイレクト納付」に勝算があがります。

と言いますのは、ダイレクト納付に関しては、引き落とし口座を事前に登録しておき、電子申告を行えば、基本的に引き落とされるからです。
(実際に引き落とすタイミングに関しては、自分で選択操作する必要があります)
一方、インターネットバンキング等による納付は、ペイジーを利用して、インターネットバンキングもしくはATMから納付という形を取ります。
インターネットバンキングがあればまだしも、ATMまで行くのであれば、納付書を記載して提出するのと何ら変わりませんので、あまり意味はないかな?と思っています。
楽して…。というところですが、今回は「私が…。」というより、「お客様が…。」というところです。
お客様の手間暇を考えますと、ダイレクト納付にして頂き、引落タイミングを選択するだけでOKの方が断然良いと思っています。

このダイレクト納付ですが、最初に登録が必要になります。
法人の電子証明書があればネットで完結しますが、無い場合、「ダイレクト納付利用届出書」というものが必要になります。
こちらも当初は面倒だな。と思いましたが、よくよく考えたら、法人を証明するものが何一つありませんので、当然と言えば当然ですね。

以上が電子納税の2つの方法ですが、ここに書きましたのは主に法人税(国税)の話です。
地方税に関しましては、各地方公共団体によって異なると思いますが、少なくても東京都に関しては、「ダイレクト納付」方式は無く、「インターネットバンキング等による納付方式」しかありませんでした。
この点、改善してもらえるとありがたいな~。と思っています。

人気ブログランキングへ
↑ クリック、お願いします!
関連記事

テーマ : 会計・税務 / 税理士
ジャンル : ビジネス

プロフィール

石原修

Author:石原修
公認会計士・税理士。
1972年、東京都生まれ。
中央大学理工学部管理工学科卒。

石原経営会計事務所の所長です。
財務・税務・会計に関するご相談を承っています。
また、投資・海外・ゴルフに興味のある方との繋がりも大切にしたいと思っていますので、よろしくお願いします!

著書
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。